スポンサードリンク
kousannka_1.gif

2009年12月13日

活性酸素は体にどんな悪さをする


活性酸素は体にどんな悪さをする?



活性酸素は過度に発生すると酸化作用により
 健康な細胞を攻撃します。
これにより
 老化を早め、抵抗力や免疫力を損なわせ
  生活習慣病を助長させ、
   ついには不治の病にへと至らしめます。


1.細胞力のダメージ


  ・皮膚のシミ

  ・皮膚のしわ

  ・毛髪の白髪化

  ・白内障

  ・糖尿病

  ・潰瘍

2.免疫力のダメージ


  ・ガン

  ・アトピー

  ・炎症

3.血管や血液へのダメージ


  ・動脈硬化

  ・高血圧

  ・心筋梗塞

  ・脳卒中

  ・基礎代謝の低下 → 冷え性

  ・痴呆、アルツハイマー病

  ・リウマチ


posted by 花翠 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 活性酸素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

活性酸素の発生原因


活性酸素の発生原因


体を錆びさせる悪玉酸素の活性酸素やフリーラジカル
 活性酸素の発生原因は
  呼吸で取りいれた酸素の2〜3%が
   活性酸素に変化する為です。

 活性酸素が発生しても
  体に備わっている抗酸化力
   ちゃんと働いていれば、体は錆から守られます。

 でも次の行為は
  活性酸素を増やしたり、抗酸化力をダウンします。
   まずは生活習慣から改めましょう。
  

1.喫煙


tabaco.gif
 タバコはやめてください。
  吸わない人をも巻き込みます。
   タバコはストレス解消にはなりません。
    禁煙で起きるイライラは禁断症状です。
---------------------------------------------------------

2.過度のストレス


stress.gif
 ストレス、怒り、不安、イライラの原因は無くせなくても
  適度な運動と心の健康に心かけてください。
  詳細 → 適度な運動
  詳細 → 心の健康 

-----------------------------------------------------

3.過度な運動


hardtraining.gif
 若くなくなってからの過度な運動はマイナス!。
  はぁはぁ。ぜぃぜぃと呼吸が荒くなっるほどの
   過度な運動は活性酸素をかえって増やします。
 
  スローで適度な運動に切り替えましょう。
  詳細 → 適度な運動

-----------------------------------------------------

4.紫外線に当たりすぎ


UV_attack12.gif
 一日30分以内の日光浴は必要です。
  でも紫外線は活性酸素を発生し
   顔のシワやシミを作ります。
    毛髪の抜け毛や白髪の原因にもなります。

 詳細 → 上手な日光浴
------------------------------------------------------

5.有害な食品添加物


 レトルト食品、ファーストフード、インスタント食品
  への頼りすぎには注意しましょう。
   詳細 → 適度な食事


-----------------------------------------------------------

6.不規則な生活


 朝食を抜いたり、夜遅い夕食や夜食、夜更かし
  過度な飲酒を改めましょう。
  
kauchipoteto.gif

---------------------------------------------------------

7.食べ過ぎ



 ご飯を食べて栄養を摂ると
  細胞は呼吸作用で栄養を燃焼し
   エネルギーに変えます。
 この時にも活性酸素が発生します。

 cellkokyu.gif


 ある程度の活性酸素の発生は
  体が無力化する処理が働きますが
 食べ過ぎ、飲み過ぎで  
  栄養を摂りすぎると
   処理しきれなくなります。

 若いうちはともかく   
  中年以降の食べ過ぎ、飲み過ぎには
   気をつけましょう。
  
---------------------------------------------------------

7.その他


 大気汚染物質、放射線、除草剤、発がん物質 etc


続きを読む
posted by 花翠 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 活性酸素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。